介護予防・日常生活支援総合事業

私の住む枚方市では平成29年4月から「介護予防・日常生活支援総合事業」がスタートしました。

この「介護予防・日常生活支援総合事業」いわゆる【総合事業】といわれるものですが、ざっくりと説明すると要支援認定者を対象に、従来予防給付として提供されていた全国一律の「介護予防訪問介護」「介護予防通所介護」の部分が、地域の実情に応じて多様な人材が参画できる場の創出や社会資源を活用するために「各市の事業」へと移行されるものです。

この総合事業ですが、平成27年3月31日以前に介護予防訪問介護や介護予防通所介護の「指定」を受けている場合は、経過措置として何らの手続きを得ることなく指定の効果が得られることになっています。

しかし、サービス提供体制強化加算や介護職員処遇改善加算などの年度毎に手続きが必要なものや、管理者の変更などの各種変更届などは、要支援認定者の利用者さんが周辺市にもいる場合には、その当該市への手続きも必要になります。

これからは、介護事業や福祉事業では「許認可の管理」という視点が今まで以上に必要になってくるでしょう。