社会福祉法人は、社会福祉法に基づいて設立された社会福祉事業を行うことを目的に設立された法人のことです。

社会福祉とは、貧困者や心身に障がいをもっている方に対して、教育・医療・労働などといった、さまざまな分野に関する支援を広くさす言葉として用いられています。こらのさまざまな事業を行う法人が社会福祉法人です。

社会福祉法人は、民法が規定する公益法人を発展さえた特別法人です。その特徴は、行う事業について、公益性を持っているとともに、営利を目的としていない(非営利性)ことが挙げられます。

社会福祉法人が扱う事業は、誰もが陥る可能性がある貧困や高齢化又は障がい等に関する支援を行っており、極めて公益性が高いことかた、確実に事業が行われるために適切な国等による支援を受けることができるのです。

高齢者介護事業や障がい福祉事業は、運営主体が「法人」でなければなりません。株式会社、合同会社、NPO法人など法人形態にはいくつかありますが、社会福祉法人を設立されて、もしくは他の法人形態から社会福祉法人へ組織変更されて高齢者介護事業や障がい福祉事業を運営される法人もこれからは増えていくのではないでしょうか?